トップ > コラム > 敏感な子どもの肌を守ろう! 汗による肌トラブル予防法

敏感な子どもの肌を守ろう! 汗による肌トラブル予防法

敏感な子どもの肌を守ろう! 汗による肌トラブル予防法

年々、暑さが増しているように感じる夏。気温が高くなると、子どもの汗による肌トラブルに悩まされる親御さんも多いのではないでしょうか。
子どもの肌は敏感なだけに、ちょっとした気温の変化によって、一気に肌荒れが広がってしまいます。掻きむしって悪化してしまったり、かゆみによって充分に睡眠が取れなくなってしまったりする恐れもあるため、油断ができません。
そこで今回は、子どもの汗による肌トラブルの予防法について、詳しく紹介したいと思います。

汗による肌トラブルとは?

汗によって子どもの肌に起こるトラブルの代表「あせも」は、汗腺が詰まって皮膚内に汗がたまることで起こります。汗腺の詰まりは大量の汗が原因となります。子どもの汗腺は大人と同じ数だけあるため、身体が小さければ小さいほど、汗腺が密集している状態です。そのため、肌に汗が溜まりやすいのです。
またさらに、子どもの肌は外部の刺激から守るバリア機能や、体温を調整する機能も未発達です。そのような理由から、子どもは汗をかきやすく、汗をかいた時に汗に含まれる成分による刺激を受けやすいのです。

子どもの汗による肌トラブルの予防法

汗をかくことで体温を下げる効果があるため、暑い時に汗はきちんとかく方が良いのですが、たくさんの汗をかいた後に放置することで、肌トラブルは起こります。小さな子どもは、あせによる不快なども言葉で伝えられないので、大人が汗の状態を気にしてあげる必要があります。

着替えをこまめに

子どもがたくさん汗をかいた際は、まずはこまめに着替えさせるのが大切です。汗で湿った衣類を身につけていると、肌あれだけでなく体の冷えの原因にもなります。タオルでやさしく汗を拭き取り、清潔な衣類へ替えてあげるようにしましょう。

寝ている最中の着替えは、起きてしまったり着替えが困難だったりするために、放置してしまいがちです。対策としては、あらかじめ汗取りパッドやガーゼなどを背中に入れたり、着替えがしやすいようにゆったりとした前開きのパジャマを着せておくとよいでしょう。頭や首の汗も忘れずに拭き取ってあげましょう。もし汗がシーツにも及んでいる場合は、湿ったシーツの上から乾いたバスタオルなどを敷くとよいでしょう。

保湿を欠かさない

保湿は冬のかさつきへの対策のように思われるかもしれませんが、汗の季節でも保湿は欠かさずに行いましょう。セラミドの入ったさっぱりしたつけ心地のローションタイプなら、汗の季節でも抵抗なく続けられるでしょう。保湿をすることで、子どもの未熟な皮膚のバリア機能を補い、汗の中に含まれる刺激成分やホコリ・花粉などから肌を保護します。それにより、汗などが肌に付着してもかゆみが起きにくくなり、肌荒れの防止につながります。

睡眠環境を整える〈/h3>

睡眠時の室温や湿度を常に意識し、子どもの睡眠環境を整えるようにしましょう。
睡眠時の衣類や寝具の厚み・素材を季節に合わせて整え、汗をかきやすい季節は汗を吸収しやすい綿素材などにします。寝入りの際に汗をかきやすいので、エアコンを使用する際は、はじめは低めの温度設定にしておき、寝入った後は寝冷えを起こさないよう温度を戻したり、ブランケットなどで調整したりするとよいでしょう。

子どもの汗による肌トラブルの予防法について紹介したしました。
子どもの肌は、皮膚のバリア機能や体温調整機能が未発達であることに加え、汗腺が大人よりも密集した状態です。そのため、肌が汗による影響を受けやすいので、肌トラブルが起こらないよう、周囲の大人がしっかりと予防してあげたいものですね。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413