トップ > コラム > 気づいてあげたい新型コロナウィルス感染症による「子どものストレスサイン」と対処法 

気づいてあげたい新型コロナウィルス感染症による「子どものストレスサイン」と対処法 

昨今、新型コロナウィルス感染拡大による小さな子どもへのストレスが心配されています。
外出自粛や休園などのほか、大人に降りかかる職場環境の変化などによるストレスや不安感が、子どもの心にも知らず知らずのうちに影響を与えてしまうこともあるため、子どものストレスは見過ごされることも多いといい、注意が必要です。
そこで、子どものストレスサインについて、その対処法を含めて紹介いたします。

新型コロナウィルス感染症による子どもへの影響

新型コロナウィルス感染症による子どもへの影響は、数多くあります。
・おじいちゃん、おばあちゃんに会う機会が減る。
・外出先でマスクやソーシャルディスタンスなどを強いられる。
・外出自粛で休日に家族ぐるみで遊ぶ機会が減るなどで、人との交流が減る。
・幼稚園・保育園の突然の休園により、先生や友達と遊べなくなる。
・幼稚園・保育園の行事が中止になったり、活動が制限されたりする。
・児童館などの遊びの場やイベントなどへ出向く機会が減る。
・連日のニュースを見て、外へ出ることに対して不安を感じる。
・親御さんの生活サイクルが変わり、心が落ち着かない。

子どものストレスサイン

子どもがストレスを感じている時のサインは、次のものが多いと言われています。
・甘えてくる、しがみついて離れない。
・おねしょを頻繁にする。
・食欲が減る。(または急に増える。)
・頭やお腹が痛いと訴える。
・話をしなくなる。(または普段よりよく話す。)
・怒りっぽくなる。
・涙もろくなる。
・寝つきが悪くなる。

幼い子どもはつらい気持ちを自分から言い表すことができないため、周囲の大人が早く気付いてあげることが大切です。
「そういえば最近こういったサインがよく見られるな」と感じたら、お子さんがストレスを抱えているかもしれません。

子どものストレスへの対処法とは?

新型コロナウィルス感染症による子どものストレスや不安をためないためには、ママやパパをはじめとする周囲の大人によるフォローが必要です。
子どものストレスへの対処法をいくつか紹介いたします。
特別難しいものではありませんが、普段から気を配り継続することが大切です。

・子どもと向き合う時間を作り、気持ちに耳を傾ける。
・子どもが発する言葉を否定せずに受け止める。
・どんな気持ちでも、自分の気持ちを伝えて大丈夫だということを伝える。
・自分の気持ちに蓋をしないように伝える。
・会えない祖父母や友達とは、電話やメール、SNSなどで積極的に繋がりを維持する。
・不安をあおるようなニュースを見せ過ぎないようにする。
・親子でストレッチや風船遊び、ダンスやゲームなどをして気分転換をする。
・子どもの生活リズムを整える
・栄養バランスのとれた規則正しい食事をとる。
・お手伝いをさせて感謝の気持ちを伝える
・親自身がウィルスによる被害と考えるのではなく、現状の環境にできるだけ順応しようと思う前向きな気持ちをもつ。

新型コロナウィルス感染症による子どものストレスサインと対処法について紹介いたしました。
家で子どもと過ごす時間が長くなると、親御さん自身にも育児のストレスがかかり、子どもに対してイライラを感じてしまったり、子育てを困難に感じてしまったりすることもあります。
なかには、子どもの預け先が見つからなかったり、経済的に不安を抱えていたり、職場環境の変化により強いストレスを感じている親御さんもいらっしゃることでしょう。

子どもにキツくあたってしまうという時は、窓を開けたりトイレへ行くなどして一旦子どもと距離を置き深呼吸をしましょう。普段から親としての責任感が強い方は、がんばりすぎずに肩の力を抜き、子どもと一緒に自分も楽しめることをやる機会を作ることをおすすめします。
一人で抱え込んだり自分を責めてしまう場合には、迷わず周囲の人を頼ったり地域の相談所などに相談するようにしましょう。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413