トップ > コラム > 幼児に数字はいつから教える? 遊びのなかでの数字の教え方

幼児に数字はいつから教える? 遊びのなかでの数字の教え方

幼児に数字はいつから教える? 遊びのなかでの数字の教え方

入学してからスムーズに算数の学習が進められるよう、幼児期のうちに子どもに数字を教えておきたいと考えるご家庭は多いようです。
いっぽうで、数字は発達段階に応じて理解できるようになり、「1」から「10」まで順番に唱えられるだけでは、数字を理解していると言えません。
そこで、幼児に数字を教えるには、何歳からどのように教えたらよいの、ご紹介いたします。

数字は何歳から教えたらいいの?

数を暗唱できるのは3歳前から

数字を「1」「2」「3」…と暗唱するのは、ことばを覚えるのと同様で3歳前からできます。「1」から「10」までの数字は比較的簡単に暗唱することができるので、普段の会話のなかで耳に入れるようにしましょう。
しかし数を暗唱できても、「いち」「に」「さん」という音を覚えただけに過ぎず、この段階では「1つ」「2つ」「3つ」と数量を表していることまでは理解に至っていません。

数の概念を理解できるのは3歳半ばから

積み木やクッキーなどをひとつずつ指さしながら、指の動きとタイミングを合わせて「1」「2」「3」と徐々に数えることを繰り返しているうちに、3歳半ば頃から徐々に数の概念が理解できるようになってきます。
はじめは「3」までの数を理解でき、4歳前後から「5」までの数の概念まで理解できると言われています。

ランダムの数字を理解できるのは4歳頃から

ランダムの数字を理解できるようになるのは、5歳頃からです。3歳前から数字を暗唱できることを考えると意外にも遅く感じるかもしれません。しかし、ランダムの数字を拾い読みできるということは、「1」「2」「3」と書かれた数字を見て、どれが「さん」なのか識別する能力が備わっている必要があり、文字を読めるようになる頃と同様で4歳頃からだと言われています。

足し算ができるのは5歳半頃から

数字が読めて数の概念の理解ができたあと、5歳半ごろから「5」以下の簡単な足し算が理解できるようになりはじめます。

幼児に数を教えるポイント

幼児期に大切なのは「数の概念」の定着

幼児に数字を教えるポイントは、数の概念をしっかりと理解させることです。
数の概念を理解させるには、モノを使って教えるのがスムーズ。ままごとなどの遊びのなかで、「1」「2」「3」と数えながら、お皿におはじきなどを乗せていきましょう。
数えるモノは、異なる形状のものよりも、同一のモノで数えた方が理解しやすいです。

食事の準備のお手伝いを通して、「ママのお皿には、1、2、3、全部でみっつ」「〇〇ちゃんのお皿には、1、2、全部でふたつ」などと数えながらミニトマトなどを取り分けてもらうのもおすすめです。「全部で〇つ」という数の集合体への理解が深まり、これは足し算への理解に繋がっていきます。

「〇〇ちゃんのお皿には、全部で何個ある?」と質問してみて、「1、2、ふたつだよ」という答えが返ってきたら、数の概念を理解できていると考えてよいでしょう。
普段の生活のなかで、「3個取って」「5個入っているね」など数を意識して会話をすることで、徐々に定着していくでしょう。

数の概念が理解できたら数字と結び付けよう

数の概念の理解ができたら、次は数字を見ながら数え、「1」という記号と「いち」を結び付けていきます。
「1」と書かれた紙におはじきを1個乗せ、「2」と書かれた紙には2個乗せ、と数字が書かれた場所に同じ数量のモノを乗せていきましょう。次第に数字の記号と数量が一致し、ランダムの数字に対しても拾い読みができるようになっていきます。
この時期にはトランプ遊びがおすすめ。七並べで数字を順番にならべたり、ババ抜きで同じ数字を探したりしましょう。

足し算の土台を養おう</h3>

幼児が足し算の土台を養うには、すごろくがおすすめです。2個のサイコロをふり、出た2つのサイコロの数を足して、駒を進めていきましょう。サイコロの目は、数字ではなく丸の数量で記されているので、幼児でも数量と数量を足す感覚がつかみやすいといえます。

子どもの成長には個人差がありますので、もし目安の年齢に到達できていなくても慌てる必要はありません。
しかし、数字の読み書きが入学前にできても、数の概念を理解していないと、入学後の算数の授業でつまずきやすいといいます。
幼児期では、まずは遊びや日常生活のなかで、しっかりと数字の概念に触れさせるようにしましょう。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413