トップ > コラム > 十五夜にお月見をする意味とは? 子どもに教えたい由来をチェック!

十五夜にお月見をする意味とは? 子どもに教えたい由来をチェック!

十五夜にお月見をする意味とは? 子どもに教えたい由来をチェック!

読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋……。気候がよく過ごしやすい秋シーズンは楽しみなイベントがたくさんあります。そのうちの1つに挙げられるのがお月見。2021年の十五夜は9月21日です。この日にはぜひ家族で月を眺めてみませんか?
十五夜のお月見にはどのような意味があるのか、あらかじめ調べておくことでお月見をもっともっと楽しむことができます。さらに、子どもたちでも理解できるような伝え方でお月見の由来を話すことができれば、家族でのお月見をもっと深く楽しめますね。
ここでは、お月見の由来や意味、楽しみ方についてご紹介いたします。

十五夜にはどのような意味がある?

十五夜は秋のちょうど折り返しの時期の月のことで、中秋の名月とも呼ばれます。
十五夜はもともと、旧暦の8月15日のことでした。現在使われている新暦は旧暦と周期が異なるため、十五夜の日は毎年変わるのです。2021年の場合には、十五夜は9月21日にあたります。
十五夜というと満月を連想しますが、この日が必ず満月になるとは限らず、実際には1~2日程度ずれることも多いものです。とはいえ2021年は9月21日がちょうど満月にあたるので、晴れていれば真ん丸の満月を楽しむことができます。

お月見にはどのような意味がある?

十五夜にはお団子やススキをお供えして月を眺めるお月見がよくおこなわれます。 お月見は中国から伝来した文化です。旧暦の十五夜の時期には里芋が多く収穫されたことから、収穫物への感謝や豊作への願いを込めてお供えをしていたのです。
日本人も昔から月を神聖視しており、平安時代には貴族の間で風流なお月見の催しがおこなわれていました。貴族たちは満月の日に池や盃の酒に映った月を愛で、詩歌や管弦をして楽しんでいたといいます。

十五夜やお月見のことを子どもに説明してみよう

子どもたちには、日本の大切な文化である十五夜のお月見について、分かりやすく教えてあげたいものです。
お月見をするときには、
「たくさんの食べ物がとれたことをお月さまに感謝するんだよ」
「お月さまが丸くてきれいだからみんなで見て楽しもうね」
といったように、収穫への感謝やお月見の楽しみ方を簡単な言葉で伝えてみましょう。
実際にお団子やススキを供えてゆっくりとお月見をすれば、イベントの楽しみ方がより伝わりやすくなります。

十五夜のお月見を家族で楽しもう!

十五夜の日には、お月見のイベントを家族で楽しんでみましょう。お月見の楽しみ方には、以下のようなものがあります。

1. 月をじっくりと観察してみよう

望遠鏡を使って中秋の名月をじっくりと観察してみましょう。望遠鏡がない場合でも、肉眼で月の表面を視認できます。
月の表面の模様はうさぎが餅つきをしているように見えるといわれます。しかしこれは日本人の考え方であり、海外では女性の横顔やワニ、カニの姿に見えるといわれることもあるものです。
月の表面にどのような模様が見えるのか、子どもと一緒に自由に発想してみましょう。
子どもが月や天体に興味を持っているのなら、プラネタリウムに足を運んでさらに学びを深めるのもおすすめです。

2. お月見ならではの食べ物を食べてみよう

お月見の食べ物といえばやはりお団子が思い浮かびます。
月見団子は十五夜にちなんで15個備えるのが一般的です。お団子を購入して供えてもいいのですが、自宅で手作りするのも楽しいひとときになります。
お月見は芋名月とも呼ばれ、地方によっては里芋をお供えすることもあります。また、お月見のときに柿や梨、栗などを食べることもあるものです。
せっかくお月見をするのなら、こういった秋の味覚を味わってみるのもいいかもしれません。

月は神聖なものとして、太古の昔から人間に愛されてきました。特に秋の十五夜の時期は月がひときわきれいに見えることから、お月見を楽しむ人も多いのです。
古くから伝わるお月見の風習の意味や楽しみ方を、子どもたちにもぜひ伝えてみましょう。十五夜の日にはお団子を作って供え、月をじっくりと眺めて過ごすのがおすすめです。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413