トップ > コラム > 工作をするメリットとは? 芸術の秋に子どもと楽しむ工作のアイディア

工作をするメリットとは? 芸術の秋に子どもと楽しむ工作のアイディア

芸術の秋といわれる季節には、子どもと一緒に工作にチャレンジしてみませんか?

おもちゃやゲーム、テレビやネット動画など、近年ではさまざまな遊びがあふれていますが、ときにはあえてアナログな遊びをしてみるのも充実したひとときになります。

また、工作を通じて考えたり指を動かしたりすることで、脳の発達を促したり想像力や集中力を養ったりという嬉しいメリットも得られます。

今回の記事では、秋ならではの工作のアイディアをご紹介していきます。

子どもが工作にチャレンジするメリットとは?

脳が刺激され発達が促される

絵を描いたり色を塗ったり、紙を切ったり貼り付けたり。工作は指先を使っていろいろなものを作っていきます。この動きは脳にとって良い刺激となり、手先を器用にしてくれます。工作に使う材料や道具に触れることで、物の扱い方を深く知ることができるのもメリットの1つといえるでしょう。

「ハサミは気を付けて使う」「クレヨンを握るときには力を入れ過ぎない」など、物の正しい扱い方を学ぶこともできます。

発想力や応用力、集中力が身につく

製作過程や完成図をイメージし、どうしたら理想的な仕上がりになるかを試行錯誤することで、発想力や応用力が身につきやすくなります。

「ここの部分は黄色に塗ったらおもしろい」「飾りをたくさん増やすとかわいくなる」など、自分で考えて工夫をする力を鍛えることができるのです。

また、でき上がるまで黙々と取り組むため、集中力も養う効果も期待できます。

達成感が成功体験につながる

がんばって1つのものを作り上げることで、子どもは達成感を得ることができます。うまくできたという成功体験は、次回も頑張ってみようというポジティブな気持ちにつながります。

子どもが最後まで作り上げたときには、作品を部屋に飾りたくさん褒めて自信をつけさせてあげましょう。

子どもと一緒に作りたい工作アイディア3つ

ハロウィンにおすすめの「紙コップでジャックオランタン」

<用意するもの>
紙コップ…………………1個
オレンジの画用紙………1枚
茶色の画用紙……………1枚
黒の画用紙………………1枚
モール……………………1本
のり………………………1つ
セロハンテープ…………1つ

<作り方> 秋の工作ということで、ハロウィンにぴったりのジャックオランタンを手作りしてみましょう。まずはオレンジと茶色の画用紙を幅1~1.5㎝、長さ10㎝程度の棒状に切ります。オレンジと茶色の画用紙から各3枚ずつ切り取りましょう。

紙コップの飲み口と底の部分に切り取った画用紙をテープで貼り付けていきます。かぼちゃの形をイメージしながら、ふわっとカーブを描くように貼り付けましょう。

黒い画用紙でジャックオランタンの目と鼻、口を作ります。目と鼻は三角の形に切り取るのが一般的ですが、子どもの自由な発想で好きな形に切り取ってもOKです。 目と鼻、口を作ったら、ジャックオランタンの顔をイメージしながら紙コップに貼り付けていきましょう。

顔ができ上がったら、紙コップの上部にモールを取り付けて手持ち部分を作ります。
コップの中にはキャンディやチョコレートなどの小さなお菓子が入れられるので、「トリックオアトリート」と言いながらハロウィンの遊びをするのもおすすめです。

トイレットペーパーの芯で作る「双眼鏡」

<用意するもの> トイレットペーパーの芯…2本
色セロファン………………1枚
セロハンテープ……………1個
折り紙、包装紙……………好きな量
マスキングテープ…………好きな量

<作り方> トイレットペーパーの芯を2本使って、双眼鏡を作るのもおすすめです。まずは芯の片側をそれぞれ色セロファンでふさぐようにし、セロハンテープで固定します。この2つの芯を重ねるようにしたら、折り紙や包装紙を巻きつけてマスキングテープで留め、双眼鏡の形に整えていきます。あとは、セロファンを貼ったのとは逆側から覗いてみればOKです。
双眼鏡を覗き、セロファンの色を通して眺める世界は、きっと子どもにとって新鮮に映ることでしょう。

一足早い「クリスマスリース」にもチャレンジ

<用意するもの>
紙皿………………………1枚
赤や緑の毛糸……………各1個ずつ
リボンやビーズ…………好きな量

<作り方> 紙皿を用意したら、半分に折ってドーナツ型になるよう内側を半円状に切り取りましょう。輪の形にしたら赤や緑の毛糸を自由に巻きつけていきます。たっぷりと毛糸を巻きつけたら最後に持ち手を作れば完成です。

リボンを巻いたりビーズやスパンコールで飾ったりすれば、さらに可愛いクリスマスリースになりますよ。アイディアをたっぷり詰め込んだオリジナルのリースを作ってみてくださいね。

工作は、ただ物を作るだけでなく、子どもにとってたくさんのメリットをもたらしてくれます。

秋ならではの素材や、普段であればゴミになってしまうようなトイレットペーパーの芯、お菓子の箱などを使うのも面白いですね。さまざまなアイテムを用意し、子どもと一緒に「何が作れるかな?」と話し合ってみるのもおすすめです。自由な発想で子どもと一緒に工作を楽しむ素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413