トップ > コラム > 子どもの「水が怖い」を克服する方法と接し方の注意点

子どもの「水が怖い」を克服する方法と接し方の注意点

子どもの「水が怖い」を克服する方法と接し方の注意点

夏といえば、海やプールで水遊びをする機会が多くなる季節ですよね。

しかし、水を怖がって水遊びが楽しめない子どももいます。水嫌いを克服するためには、子どもが水を怖がる理由を知ることが大切です。
そこで今回は、水が怖いという子どもの心理と克服法、接し方についてご紹介していきます。

子どもが水を怖がる理由

そもそも、子どもが水を怖がるようになったきっかけは、なんでしょうか? 水に慣れさせようとするまえに、まずは何が原因で水が怖いのか突き止めることが大切です。

水を怖がる理由でもっとも多いのが、お風呂でのハプニングです。お風呂で湯船の中に落ちてしまった経験があったり、シャワーの水が鼻や耳に入って苦しい思いをしたことがあったりすると、それがトラウマになります。一度でもそういうことがあると、水に対する苦手意識を持ってしまう可能性があるのです。
大人にとっては、日常のちょっとしたハプニングかもしれません。
しかし、子どもにとってはその経験が「水は怖いもの」という意識を生み出します。毎日入るお風呂なので、そのたびに恐怖感が増してしまい、お風呂以外でも水を怖がるようになります。特に幼少期に芽生えた恐怖は、心にしみついてしまうので克服するためには時間をかける必要があるでしょう。

子どもの水嫌い克服法は、水に慣れることから

水が怖いという子どもを、無理に連れ出して水遊びしようとするのは控えましょう。楽しい思い出を作れば克服できるという考えもありますが、普段行かない場所や慣れない場所だと緊張してしまい、余計に水を怖がる可能性があります。
大切なのは、少しずつ水に慣れることです。まずは、毎日のお風呂の時間に水をかけ合って遊んでみましょう。夢中で遊んでいるうちに、水が顔にかかっても気にしなくなります。そうなったら、次は水に顔をつける練習です。いきなり顔を全部つけるのは難しいので、一緒に口まで水につけてブクブクと泡を出してみましょう。子どもが楽しみだしたら、今度は鼻までつけてみます。このように少しずつ顔をつけていくことで、水に顔をつけても平気だと実感するでしょう。
楽しんでいるときはリラックスしているので、パニックになって水を飲みこんだりする可能性が少ないのも安心できるポイント。水で遊ぶと楽しい、という経験を積み重ねていくうちに恐怖心が和らいでいくでしょう。

水が怖い子どもへの接し方

水が怖いという子どもに対して、注意しなくてはいけない点があります。それは、決して無理強いやプレッシャーをかけないことです。水嫌いの要因には、パニックになって水を飲みこんだり吸い込んだりした経験があるので、無理矢理水遊びさせるとまた同じようにパニックを起こすこともあります。水に対しての恐怖心をさらにあおることになり、新たなトラウマを生み出す可能性もあるので注意が必要です。
また、水嫌いが克服できないと遊びに行けない、などプレッシャーをかけるのもNGです。「水を怖がることはいけないことだ」と自分を責めるようになり、水遊びシーズンそのものを嫌ってしまうこともあります。
大切なのは焦らず、長い目で見て水に慣れさせることです。何が何でも克服させようと焦る必要はありません。水が少しでも好きになればいいな、という思いを持って肩の力を抜いて接しましょう。

子どもの「水が怖い」を克服する方法と接し方の注意点

水を怖がる子どもに対しては、無理強いせず見守りながら水に慣らすことが重要です。一緒にお風呂で水遊びを楽しんでみるなど、子どもに水は怖くないという経験をたくさんさせましょう。
また、子どもの水が怖いという気持ちを理解して、サポートしてあげるという考え方も大切です。あくまで子どものやる気に任せ、できたときはたくさん褒めてあげましょう。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413