トップ > コラム > 卒園式には何を着ていく? おすすめのママ&パパの服装を紹介

卒園式には何を着ていく? おすすめのママ&パパの服装を紹介

「幼稚園に行きたくない!」登園拒否をする子どもへの上手な対処法

我が子の晴れ舞台であり、園生活の締めくくりとなる卒園式。最近はママ&パパ揃って出席されるご家庭も増えていますが、着ていく服装で悩まれる方も多いようです。
卒園式は「別れ」をともなう式典であり、入園式とは趣がことなる行事となるため、服装にも多少の配慮が必要となってきます。
そこで、参考となる服装選びのヒントをご紹介いたします。

卒園式のママの服装はセミフォーマルでまとめよう

卒園式に出席するときのママの服装は、セミフォーマルを心がけるのが一般的なマナーといえます。セミフォーマルとは準礼装という意味があり、結婚式や祝賀会パーティーなどの場で着用するような服装のことを指します。
しかし卒園式の主役はあくまで子どもたち。華美になりすぎないよう注意することも大切です。以下から卒園式のママの服装で気を付けるべきポイントをチェックしていきましょう。

カラーは落ち着いた色合いで

入園式では、パステルカラーやホワイトなど明るめの服装を着るママもいますが、卒園式では、落ち着いた色合いのダークカラーでまとめるのが一般的。
ブラックやネイビー、グレー系や落ち着いたベージュなどの色合いでまとめるママが多いようです。
明るめのベージュを選ぶのであれば、ジャケットをベージュにして、ボトムをブラックにするなど、明るくなりすぎないようにするのがポイントです。

パンツスーツでもOK

卒園式ではパンツスーツもOKです。
パンツスーツなら、式の前後に活発なお子さんの対応がしやすく、防寒にもなります。
パンツスーツの場合、素材の良いセンタープレスのストレートパンツや細身のパンツであれば、フォーマルの場でも違和感ありません。
ビジネススーツの場合は、ブラウスやアクセサリーをやわらかい雰囲気のものにすれば、セレモニーに適した着こなしになります。

アクセサリーを選ぶポイント

ダーク系でまとめた場合は、アクセサリーで華やかさをプラスすると地味になりすぎません。特に、ブラックを上下で着る場合は、ブラックフォーマル感を出さないように白やベージュ、淡いピンク色など明るめのコサージュなどを選びましょう。
ネックレスのおすすめはパールやコットンパールです。華やかさとフォーマル感をUPさせてくれます。その他、パールやダイヤモンドなどの一粒ネックレスも品の良い着こなしとなります。

バッグ&靴の選び方

式典中の膝の上には、フォーマル感のあるクラッチバッグか小ぶりのレザーバッグがおすすめです。スパンコールなどが入ったパーティーバッグは控えましょう。
カラーは、黒などのダーク系のほか、靴やブラウスの色などに合わせるとすっきりとしたセットアップができ上がるでしょう。
フォーマルバッグは、ものがあまり入らないので、トート型などのサブバッグを用意しておきましょう。

靴は、つま先やかかとが隠れるパンプスが基本。レザーかエナメル素材のものを選び、高すぎるヒールは避けましょう。

パパの服装はスーツ&ネクタイで決まり

パパの服装は、ほとんどが落ち着いた印象のスーツ&ネクタイです。普段の仕事用スーツで問題ありませんが、カラーはブラック、濃紺やダークグレーなどの落ち着いた色をセレクトするのがおすすめです。かつては礼服を着用される方もいましたが、最近ではあまり見られなくなりました。
シャツは白や白地に淡い色のストライプ、または淡いブルーのものなどを合わせるとよいでしょう。ネクタイも派手になりすぎず落ち着いた印象のものを選びます。シルバーやグレー系、落ち着いた色彩のストライプなどがおすすめです。

新調するなら入学式での服装も視野に入れて

「幼稚園に行きたくない!」登園拒否をする子どもへの上手な対処法

卒園式の半月後には入学式。新調するなら、明るく晴れやかな門出である入学式でも着まわせる服装を選ぶことをおすすめします。
例えば、3点セットや4点セットのセットスーツをはじめから選んでおくと、入学式の準備も一度にできて便利です。その他、手持ちの明るめカラーのジャケットやブラウスに合わせられるものを選んでおくのも、賢い選択となるでしょう。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413