トップ > コラム > 寒い冬でも子どもは元気いっぱい! 冬こそ外遊びを楽しもう!

寒い冬でも子どもは元気いっぱい! 冬こそ外遊びを楽しもう!

【学年別】幼稚園の秋の遠足! お弁当作りのポイント

大人になると寒い冬が苦手になる方が多いと思いますが、遊び盛りの子どもたちは冬でも元気いっぱい! 寒さや冷たい風にも負けず、「子どもは風の子元気な子」という言葉の通り、活発に外を走り回ります。
しかし、冬はインフルエンザなどの感染病が流行ったり、雪が積もって転びやすかったりと危険も多いもの。冬に外遊びをさせるときには、きちんと防寒対策や滑り防止などをしておくことが大切です。
そこで今回は、子どもたちが冬に外遊びをするときの注意点をご紹介! あわせて、冬遊びをもっと楽しくさせるアイディアもご提案いたします。

冬の外遊び、子どもたちへの注意点は?

防寒対策をしっかりと行う

寒い屋外でも元気いっぱいに走り回る子どもたちを見ていると、防寒対策など必要ではないようにも思えることがありますが、それでも冬用の洋服や上着を着せてしっかりと防寒対策をすることが大切です。
冬の外遊びをするときの洋服は、着脱のしやすいパーカーやダウンジャケットなどを選ぶと、体が熱くなったときにサッと脱ぐことができます。
子どもは平熱が高い傾向にあるので、あまりに着させすぎず、屋内で過ごしているときの服装に厚手の洋服を1枚プラスするイメージで重ね着をさせましょう。

汗をかいたとき用の着替えを用意しておく

いくら寒い屋外でも、力いっぱいに走り回れば次から次へと汗が吹き出します。
とくに子どもは新陳代謝が激しいので、少しの運動でも汗をかきやすいもの。体が温まっているうちは汗をかいても寒さを感じることはありませんが、時間が経つうちに汗が冷え、体全体が冷えてしまいます。このまま放置すると風邪を引いたり、免疫力が落ちて感染症にかかりやすくなったりしてしまうため、汗をかいたとき用の着替えを用意しておきましょう。
下着と上の洋服を用意しておけばOKです。
このとき、汗を拭く用のタオルなども用意しておくと万全です。

滑りにくい靴を履かせる

寒い日には霜が降りたり、水たまりに氷が張ったりしています。近年では、関東地方でも雪が降り積もることが多くなりました。冬の朝、ベッドから起き上がって外を見ると、辺り一面雪景色なんて光景も珍しくありません。
このような冬ならではの光景を見ると、目を輝かせながら飛び込んでいくのが子どもたち。
滑って転ぶかも知れない……という危険を顧みず、元気いっぱいに冬ならではの景色の中で遊びます。
そのため、大人たちが気を使って危険を未然に防ぐことが大切です。滑りにくい雪用の靴や、万が一転んだときにクッションになってくれるような帽子や洋服を取り入れましょう。

家に帰ったら手洗いうがいを徹底する

外遊びから帰ったら、まずは洗面台に直行して手洗いうがいを済ませましょう。しっかりと手洗いうがいをすることで、感染症予防になります。
手を洗うときには爪の先や指の間、手首まで丁寧に洗うことが大切です。ハンドソープをしっかりと泡立てて、洗い残しのないようにしましょう。
また、うがいをするときには、できれば温かい緑茶を使うのが理想です。緑茶に含まれるカテキンには、抗ウイルス作用や殺菌作用が期待できます。インフルエンザ予防にも効果的といわれているので、火傷しない程度に冷ました温かい緑茶を使ってうがいをする習慣をつけましょう。

元気いっぱいな子どもたち、冬の外遊びの楽しいアイディア

冬ならではの自然を堪能する

一歩外に出ると、冬ならではの光景や自然がたっぷりと堪能できます。
たとえば、公園にたくさん落ちているどんぐりや落ち葉、小枝たち。これを拾って顔の形に並べるだけでも立派な冬遊びです。
子どもたちは発想力が豊かなので、どんぐりや落ち葉などでおままごとやお店屋さんごっこをすることもあります。このような子どもたち発信の遊びにはぜひ付き合ってあげるようにしてくださいね。

白い息を吐いて深呼吸遊び

寒い日に外に出ると、「はーっ」と吐いた息が白くなります。大人には当然の光景ですが、これも子どもたちにとっては新鮮な体験に。たくさん吸って吐くほどに真っ白い息が出て、楽しさが増していきます。
遊び道具もいらないとてもシンプルな遊びですが、このような遊びでも好奇心旺盛な子どもたちの興味を引くことができます。

雪が降ったら、雪だるまを作ってみよう

雪が降り積もった日には、ぜひ外に出て子どもたちに雪を触らせてあげましょう。素手で触るとしもやけになってしまうことがあるので、長時間雪を触るときには手袋が必須です。
雪合戦や手形をつけて遊ぶのも楽しいですが、子どもたちの創造力や独創性を育てる意味も込めて、雪だるまなどの創作遊びがおすすめです。
公園で拾ってきたどんぐりや落ち葉、小枝などを使って可愛い雪だるまづくりに挑戦しましょう。

【年長組】幼稚園の遠足に持たせるお弁当のポイント

大人にとっては厳しい冬ですが、好奇心旺盛な子どもたちにとっては、興味や楽しみがたくさん詰まっている季節です。幼い時期にたくさんの楽しい経験をしてもらうためにも、冬こそ外に出て体を動かしながら遊びましょう。

【ばとうばし幼稚園】
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西4-16-11
TEL:03-3689-4413